当社のコンサルタント

SDGパートナーズのコンサルタント

松原廣幸(まつばら ひろゆき) マネージャー

東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒。経営コンサルティング会社を経て、2018年SDGパートナーズに参画。サステナビリティ方針、マテリアリティの策定、人権リスクの調査等のプロジェクトのほか、2020年から沖縄県の恩納村に在住し、現地にて持続可能な地域づくりのプロジェクトにも参画している。地方創生、経済モデルを基にした社会解析が今後の注力分野。

 


吉田 朱里(よしだ あかり) マネージャー

東京外国語大学南西アジア課程ヒンディー語専攻卒業。福岡県教育委員会にて南アジア国籍児童の就学・学習支援に従事。その後、英国リーズ大学院国際開発・教育学修士課程修了。JICA本部、UNESCOダッカ事務所でのインターンシップを経て、JICA海外協力隊としてネパール国地方行政開発省に赴任。帰国後はJICA専門家としてアフリカ地域の教育改善プロジェクトに参画した。2021年4月より現職。途上国での勤務経験を活かし、主にビジネスと人権の分野を担当。

 


松本 洋一(まつもと よういち) シニアコンサルタント

青山学院大学国際政治経済学部卒。2017年よりアクセンチュア株式会社にてテクノロジーコンサルタントとして大手エネルギー会社のシステムの開発・運用保守やアウトソーシングに従事。海外トレーニング運営や、社会課題関連のプロジェクトに参画。2021年1月より現職。企業のマテリアリティ策定、理念体系改定等のプロジェクトにPMとして参画。当社書籍やウェビナーにて「DXとSDGs」に関連したパートを執筆・担当。

 


真崎 宏美(まさき ひろみ) シニアコンサルタント

同志社大学経済学部卒。2015年から2016年にかけて仏国リヨン政治学院にて修学後、同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科博士課程に進学し、現在も在籍中。開発経済学(ジェンダーと開発)、人間の安全保障研究、アフリカ地域研究に取り組む傍ら、2020年度まで同志社国際高校にて非常勤講師を務めた。2021年1月より現職。主にD&I関連の取組みや、ビジネスと人権推進に関するプロジェクトに参画している。