SDGパートナーズについて

SDGパートナーズについて

会社概要

会社名  SDGパートナーズ有限会社
 SDG Partners, Inc.
所在地  〒103-0004 東京都中央区東日本橋2-17-6 華ビル2階
代表者  代表取締役CEO 田瀬和夫
設立  2017年 9月
資本金  300万円
メンバー  10名(うち役員2名)
 ※提携パートナー/コンサルタント/アソシエイト合計15名程度
主な事業内容
 サステナビリティに関するコンサルティング、講演・セミナー
お問い合わせ先  info@sdgpartners.jp, 03-5829-4373

(2022年1月1日現在) 

 

経営理念

 “Well-being for everybody on earth”

◆いま企業の多くが、従来の社会貢献型のCSR活動から脱皮し、本業で社会的価値を創り出す、またそのことで競争力を得るCSV(Creating Shared Value) 活動へと軸足を移しつつあります。

SDGパートナーズはその先を行き、会社の存在自体で社会的な価値を創り出すことを目指します。私たちは、そもそもSDGsという全人類が合意した持続可能な開発目標を実現することを目的として設立され た会社として、すべてのビジネス活動が社会の普遍 的価値に貢献するものであるべきと考えています。

◆企業や組織のビジネス活動が社会的価値を生み出すことにより、「社会のお金が人々のために回る」状態を創出する。これがSDGパートナーズの2030年に向けた目標のひとつです。

 

CEOメッセージ

 すべての人に“Well-being”“Freedom”

SDGsに関して、とかく17目標や169ターゲットが取り上げられがちですが、 「2030アジェンダ」は、人類の共存戦略である平和・開発・人権という目標に、環境・持続可能性の要素を融合し、未来に対する合意として打ち立てられた、人類にとって極めて重要なことを述べた偉大かつ高邁な文書です。

SDGsが究極的に目指す状態として、すべてのLife(生命)のWell-being (よく生きること)ということがあります。また、その前文で謳っているように、「一層大きな自由における普遍的な平和の強化を追求する」ものです。SDGsの1つひとつの目標の実現を超えて、すべての人が、より多くの選択肢をもち、心理的・社会的・身体的によく生きることのできる世界が、私たちが2030年に目指す未来と考えています。

代表取締役CEO 田瀬和夫

【プロフィール】 1992年外務省入省。国際連合に10年勤務し、国連外交、人権、アフリカ開発、官⺠連携、人道支援、人間の安全保障を専門 とする。2014年〜2017年デロイトトーマツコンサルティング執行役員。SDGs推進室を立ち上げ、企業のSDGs戦略構築、 ESG投資対応、地方自治体のSDGs総合計画策定度を支援。2017年に独立し、新会社SDGパートナーズを設立