観光×SDGs連続ウェビナー 募集中

次のインバウンドは「爆買い」ではなく「サステナブルツーリズム」

新型コロナウイルスの蔓延やロシアのウクライナ侵攻と、世界はいまショックとも言える悲観的な大きな動きを経験しています。しかし少し長い目で見るとこれらのショックは、人類がこうした逆境を克服するための長期的な取り組みの引き金になっているとも言えます。再生可能エネルギーや水素への膨大な額の投資、より自律的な医療システムや食糧システム、これらのDXとの組み合わせなど、実にさまざまに世界はこの逆境に適応しようとしています。

観光業にも大きな変化が確実に訪れます。これまでのインバウンドは「いかにおもてなし、いかにお金を落としてもらうか」が目指すところであったような印象がありますが、ポストコロナにおいては英国のハリー王子が提唱した「トラバリスト」に代表されるように、確実に「よりサステナブルな旅」を提供する観光が勝つ時代となります。いや、勝つ勝たないの問題ではなく、そもそも美しい自然やかけがえのない文化を次の世代につないでいくためには、観光資源も、その担い手も、そして市場そのものも持続可能でなければなりません。

観光×SDGs連続ウェビナー

SDGパートナーズが提供する「観光×SDGs連続ウェビナー」においては、多くの関係者や地域を巻き込む観光産業においてサステナビリティが持つポテンシャルを引き出します。旅の本質とSDGsとのつながり、現在の観光業・旅行業の課題、SDGsの文脈に照らすとどのような方向性に舵を切るべきなのか。うわべだけではなく根本的な課題克服にはどのような「思考」が必要なのか。徹底的に掘り下げます。

社内で何度でもお使いください

社員や従業員のみなさんへの研修素材としてオンライン映像を何度でもお使いになれます。
みなさんがSDGsを真に「自分ごと」するためのツールとしてご活用いただければ幸いです。

2022年8月
SDGパートナーズ有限会社
代表取締役CEO 田瀬和夫

本件に関するプレスリリースはこちらをご覧ください。  印刷はこちら 

観光×SDGs連続ウェビナー 概要

観光×SDGsを理解する上で重要な様々な切り口から、観光業におけるSDGsが持つ意味を全9回のウェビナーで解説します。

観光業に携わる全ての方が対象です。
SDGsの様々な切り口から観光業を見つめ直すことで、一人一人のモヤモヤへの答えを見つけます。

例えば、こんなお悩みにも・・

観光×SDGs連続ウェビナー テーマ一覧

2022年11月から2023年7月まで、全9回の連続ウェビナーです。

田瀬代表を始め、多彩な専門領域、バックグラウンドを持つ講師陣が、様々な切り口から観光業×SDGsの今、そしてこれからを語ります。

講師紹介

各回60分の講義と30分の質疑応答から成る、計90分のウェビナーです。

詳細な日程および内容は、決まり次第、順次、こちらのページで公開していきます。

– 人類の遙かなる旅の先にSDGsがある –

今では世界のGDPの10%を占めると言われる観光産業。なぜ人は旅に憧れ、旅に出るのか。その歴史を紐解きながら、旅行や観光の意味、また現代そして将来の旅行・観光産業の可能性に迫ります。
そして旅とSDGsはなぜ結びついているのか、SDGsが観光産業に与える示唆とは何かを考えていきます。

詳細は近日公開

– 旅行業・観光業に欠かせない新しいツーリズム –

持続可能な旅行・観光を創り出していくにはどういったツーリズムが必要なのか。WTOが提唱する「旅」におけるウェルビーイングとはなにか。
サステナブルツーリズムという概念を紐解き、さらには観光産業が発展すればするほど環境がよくなるネイチャーポジティブツーリズムの概念を打ち出します。

詳細は近日公開

-脱炭素や脱プラを、「義務」から、「機会」に変換する –

脱炭素・脱プラスチックの取り組みを我慢するものや義務的なものとして捉えるのではなく、取り組みをした方が、自分たちにとっても、お迎えするお客様にとっても「利益」があるものとして考えるヒントを、よって、自ら脱炭素・脱プラスチックに取り組みたくなるヒントをお伝えします。

詳細は近日公開

-サステナブルで人に優しい観光業を創るために重要な
考え方とは –

国際的なビジネスと人権の議論について、また、国際社会は観光業特有の人権課題についてどのように捉えているかを解説します。また、観光業に関わる企業にとって、企業としてなぜ人権課題に取り組むべきか、本質的な意義に迫ります。企業の人権尊重の推進に対して具体的にどのように取り組んでいくべきかを知ることで、行動に移せるようになります。

詳細は近日公開

-「あるべき論」を越えたDE&Iは強くて優しい組織を作る –

「DE&I」「ダイバーシティ」「心理的安全性」「Well-being」ー
最近耳にすることも増えたこうした概念について、組織のDE&Iに取り組むことが自社の企業価値を向上させるという観点から解説します。

詳細は近日公開

-サステナブルを実現する観光 × 教育を学ぶ –

SDGsの意識の高まりによって、旅行先を選ぶ際にサステナブルな環境を重視するトラバリストが増えてきています。こうした新たなニーズが増えてきている中で、観光業がいかに観光×教育をサービスとして実現するのかを具体的に説明します。

詳細は近日公開

-観光業が食のサステナビリティ実現に向けて果たせる
役割とは –

フードロスは観光業・旅行業の皆様にとって身近で解決したい問題の一つではないでしょうか。そもそもフードロスを発生させてはいけないのか、といった根本的な疑問から削減の必要性を説いていきます。フードロスをはじめとする食のサステナビリティに前向きに取り組むことで果たせる役割、また、それによって勝つ仕組みを説明します。

詳細は近日公開

-地域や金融機関と連携することにより人・モノ・金・情報が
ひとりでに循環する観光・旅行と地域を創る –

いま、各地で地域と観光が分断されている側面があるのではないか。観光・旅行の目的の中に「交流」がある中で、もう一度地域との連携について考えていきます。また、金融との連携は、観光業・旅行業に大きな影響をもたらします。人・モノ・お金・情報が循環し、持続可能な観光・旅行となるための知見をご紹介します。

詳細は近日公開

-サステナブルツーリズムの将来像、ここに定まれり –

これまで観光業と住民、環境は、必ずしも友好的な関係を築けているわけではありませんでした。一方、観光は、地域を支える産業であると同時に様々な地域から人を集めて交流を促すきっかけを創造する、非常に社会的インパクトの大きな産業です。観光業・旅行業の良い面を引き出して、どのように関係者とwin-winの関係を構築するのか。そのステップを解説します。

詳細は近日公開

価格・お申込み

法人価格で購入いただいた場合、企業内での共有は無制限に可能です。

2022年11月から2023年7月まで毎月ウェビナー開催、その後、2023年中は配信を繰り返しご視聴できます(予定)

お申込み、お問い合わせは以下までご連絡ください。

本件に関するプレスリリースはこちらをご覧ください。  印刷はこちら