SDGパートナーズのコンサルティング手法

SDGパートナーズはクライアント企業や組織とともに考えることを旨とします。

大手のコンサルティング会社は圧倒的なリサーチ能力や、人海戦術が取れる陣容を擁しています。しかしこのことが実際のコンサルティング業務において「クライアント側に知見が残らない」ということと、「コンサルティング料金が極めて高い」という状況を引き起こします。特にサステナビリティに関する経営方針づくりというのは中長期的な課題ですから、やらなくてはならないけれども大手コンサルには高すぎて頼めない、という事態が容易に発生します。

SDGsとその経営への取り込みということは、本来専門家しかできない難解な課題であってはならないと考えます。なぜならSDGsは全人類の課題であり、すべての人が取り組むべきことであるからです。しかし実際のプロセスにおいては、企業は利益の確保と持続性の実現という二兎を追う必要があるために、一定の知見と方向性が社内になければ非常にやりにくいということになります。

SDGパートナーズは、すべてをコンサルティング会社が解決する代わりに、社内の人々と一緒に考え、会社のあるべき理想の姿を問い、そのためにはどのような方法を取ることが必要なのか、その意思決定を行うことを側面支援します。後々のことを考えるとこのほうがよほど社内に知見が残るはずですし、またコンサルティングのためのコストも最小限に抑えることができます。これまでのSDGパートナーズの経験では、社員の士気やその後の経営へのインパクトということを考えた場合、こうした手法のほうがすべてを他人に任せるよりも遥かによい結果が出ています。