「ムーンショット」理論とバックキャスティング(逆算)思考

米国のジョン・F・ケネディ大統領は1961年に「アポロ計画」を発表し、1960年代のうちに人類を月に着陸させると宣言しました。1969年7月20日、宇宙飛行士ニール・アームストロングおよびバズ・オルドリンがアポロ11号で月面に着陸したことにより、その公約は実現されるわけですが、このように壮大な目標をまず掲げ、それに必要なイノベーションを起こしていくことを、英語ではケネディ大統領の宣言になぞらえて「ムーンショット」といいます。

SDGsの中には2030年までに人類が実現したいと思っている「ムーンショット」がたくさん含まれています。例えばHIV/AIDS・マラリア・結核を2030年までに根絶するとか、あるいは交通事故死者数を半減させるとか。これらを達成しようと思ったら、これまでのような積み上げ型の思考回路ではおそらく困難です。アポロ計画のように理想の状態から逆算(バックキャスト)して、今必要なイノベーションは何なのかを導き出す必要がある。

SDGsがビジネスに突きつける最も大きな付加価値は「ムーンショットとバックキャスティング」であると言っても過言ではありません。日本の経営者の多くは「積み上げ」思考には慣れていますが、2030年の自社の理想の姿を想像し、そこから逆算していま必要なイノベーションを起こしていく、という思考回路には馴染みがありません。SDGパートナーズは経営の中に逆算思考を採り入れ、大きな目標を達成するモチベーションを高めるための支援をしていきます。